水が出ない時に必要な水道修理

水が出ない時に必要な水道修理 水は生活を支える大切な物のため、トラブルが起きると日常に支障をきたします。急な水のトラブルでパニックを起こさないためには、原因を知ることが大切です。
水が出ない場合、給水管に不備が生じている可能性があります。まず止水栓や元栓が閉じてしまっていないか確認してみましょう。止水栓は洗面台の下、トイレのタンクの脇などにあります。
元栓は水道メーター付近にある家庭が多いです。止水栓は古くなるとパッキンが破損し水漏れを起こすリスクを持っています。止水栓や元栓は水道点検時の開け忘れや、何かにぶつかり閉まっているケースもあります。

■給水管トラブルは詰まりが原因

給水管はサビや接着剤で詰まりを起こしやすいです。最近の給水管は塩化ビニールでできているので、サビによる詰まりは少ないですが、古い給水管は金属でできているので、時間の経過と共にサビます。給水管のサビは徐々に蛇口の方へ貯まり、水を出しにくくします。蛇口をひねって赤い水が出たら給水管のサビの可能性が高いです。
リフォームの時、給水管に使用する接着剤も詰まりの原因となります。接着剤が剥がれると蛇口の中で詰まり水が出にくくなります。リフォーム後に水が出にくくなったら、接着剤が原因と考えられます。
さらに寒い季節は給水管が凍結し破損する恐れもあるので気を付けないといけません。水は氷ると体積が大きくなるため給水管を膨張させて破損させます。給水管凍結時は急な温度変化を起こさぬようぬるま湯でゆっくり解凍していきます。

■断水時に知っておきたい注意点
断水後は水の使用方法次第で、トイレの詰まり予防となります。水道工事で断水になった後は、トイレ以外の水道から使いましょう。給水管には常に圧力がかかっており、圧力で水が流れます。断水後は急に圧力が加わるので、給水管内のサビが剥がれやすくなります。
洗面所の蛇口から水を出す場合はとくに問題はありません。しかしトイレの給水管はストレーナーという部品がトラブルの原因となることがあります。ストレーナーはトイレのタンク内へゴミやサビの侵入を防ぐ部品です。断水後は剥がれたサビがストレーナーで目詰まりを起こす可能性があります。ストレーナーが詰まるとトイレの水の流れを悪くします。断水後は給水管内の汚れをなくすためにトイレ以外の水道を使用するようにしましょう。水の元栓から離れた蛇口をひねるとよいです。

■給水管の水道修理にかかる費用

修理を自分でする場合は材料費がかかります。修理に使用する材料や工具をホームセンターで揃える必要があります。水道 修理前には元栓や止水栓を閉めます。元栓にはハンドルがついている場合とない場合があります。止水栓はマイナスドライバーでも閉めることは可能です。
水道修理業者の場合は、目詰まりを解消する程度の工程のみであれば、基本料金で給水管の修理を行ってくれる所もあります。トイレのストレーナーの掃除だと、基本料金のみで追加料金なしで行ってくれる業者もあります。給水管の老朽化によりサビが蓄積されている時は、トイレリフォームや交換をしなくてはいけません。蛇口だけなら自分で直せる場合もありますが、DIYが苦手な方は水道修理業者に依頼することが多いです。サビが酷い時は、給水管自体の交換が必要になります。給水管の交換は工事が必要になる場合もあります。

■まとめ
給水管のトラブルは症状や原因により対処法が変わります。給水管はサビや気温の変化でトラブルを起こしやすいです。詳しい水のトラブルの原因は、素人で判断できないケースが多いので水道修理業者に見てもらい、見積もりを作成してもらいましょう。
水が出なくなっても落ち着いて行動することが大切です。万が一止水栓で水漏れが発生したら、元栓を閉めてパッキンを交換します。ただ止水栓のパッキンを交換する際は、つなぎ目をきちんと閉めなければ水漏れを再発させるので慎重に行うようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース